役に立つヒント

フード付きケープ

Pin
Send
Share
Send
Send


赤ずきんか魔術師か?

マントまたはフード付きのマントは、多くのおとぎ話のキャラクターの属性です。彼と一緒に、赤ずきんと魔術師、魔術師、魔術師の両方のイメージを試すことができます。結局のところ、時々、大人の場合でも、子供のように夢を見て、おとぎ話に自分自身を見つけるように感じることさえあります。

フード付きケープ:オプション

長さの合計(クローク+フード)が生地の幅を超えない子供のマントの場合、マントの希望する緑豊かさに応じて、肩の子供の周囲に15〜25 cmを加えた長さに等しい長さの生地で十分です。長さの合計が生地の幅よりも大きいことが多い大人のマントの場合、マントとフードの長さの合計に手当用の5 cmを加えた長さに等しい長さを準備する必要があります。

生地の選択に関しては、絹のような光沢のあるタフタが最も壮観です。さらに、休暇中の小さな傷は、安価なアトラスとは異なり、傷みません。プリンセス、妖精、エルフの衣装には、エアシフォンを使用できます。

フードでケープを仕上げると、特定のコスチュームの一部になります。岬の端を適切な色のきらめくブロケードリボンにすることを提案します。ケープタイは同じリボンで作られています。レースやベルベットのリボンも美しく見えます。ケープとフードの2倍の長さに、タイごとに1 mを加えた長さのテープが必要です。

フード付きのマントは裏地なしで縫われているため、手当を隠すために、フランスの二重縫いで縫い付けました。

それでは、フード付きのマントを自分で縫ってみましょう!

作業進捗

マント布を半分に折ります ゴロゴロ 全長に沿って内向きの側面。スイープまたはチョップしてから縫い、上端に沿って足の幅に戻ります。縫い目にアイロンをかけ、手当を3 mmにカットします。

マントを反対側に向けます。縫い代の周りに生地を削り、内側を覆います。

スイープまたはチョップ、足の幅にステッチします。鉄側手当。前面のマントを回します。

マントの端と底を0.5 cm鉄で挟み込みます。 1 cmの鉄と靱皮で再び締めます。端から約7 mm後方に縫います。

マントとフードの端にトリムテープを縫い付けます。リボンの縁をケープの縫い目のある側に巻き、縫うときにそれをつかみます。

両側の上部の縫い目からフードの長さを脇に置き、フードに線を引きます。上糸張力を緩め、最大ステッチ長を設定します。最初と最後でステッチを締めずに、意図したラインに沿って縫います。クロークが首の周りにぴったり合うように、生地を希望の長さに引っ張ります。

テープの残りの部分を、最初にテープの一方の端から、次にもう一方の端から、きつく締められた布地に縫い付けます。

ケープ柄

1年のうち何時に、何をケープに着用するかによって、ケープの素材と直径が決まります。 中密度ファブリック ウール50%とポリエステル50%の含有量が最適な選択肢です。身長170 cm、サイズ42〜46の場合、155 x 140センチのセクションが必要になります。

パターンは次のようになります。裁断する前に、生地を注意深くアイロンがけする必要があります。

パターンと生地を半分に折り畳むと、カットがより便利になります。

ほぼすべて!セクションに沿って崩れない生地がある場合、エッジをトリミングする必要はありません。せん断加工を避けることができず、農場でオーバーロックが発生していない場合は、エッジを曲げたり、何かで縁を付けることができます。

ポイントは小さい-腰のベルトのようなものを思い付くために。同じ生地の幅広のストリップをカットして半分に折り、ベルトを縫うか、色のコントラストのある革製の幅広のベルトを手に取ることができます。

ケープトランスフォーマーを着用しなくなったらすぐに見てください!

この製品はほとんど無次元です。どんな形でもゴージャスに見えます!サイズを拡大または縮小するには、円自体の直径とアームホールの直径を縮小または拡大して、パターンをわずかに変更します。

あなたの友人はそのような岬に夢中になるでしょう、彼らとこの記事を共有してください!

両面マントを縫うには、以下が必要でした:

  • 赤いサテン-4メートル(4×1.5)
  • 黒色のアトラス-4メートル(4×1.5)
  • 不織布
  • サテンタイリボン

マントのパターンは、希望の長さに応じてカスタマイズできます。店舗の生地の幅は、主に1.4 mと1.5 mです(幅1.5 mと長さ4 mの2つの生地があります)。高成長のために設計された両面マントがありました。生地のサイズに基づいて、独自のパターンによるクロイラ:

各セクションを半分にカットしてステッチし(破線-図面の「ステッチ」)、幅が3メートルの2つの部分を作成します。図面に示すようにカットします。襟が伸びないように、パーツの首を不織布で接着します。

首以外のすべての部分(前面から前面)に沿って縫い合わせます。固定用の仕上げステッチで縁に沿ってねじり縫います。両面ケープの準備ができたら、フードに進みます。

それは比較的大きく、そのようなフードの映画では通常、あらゆる種類の魔術師と魔術師が行きます。

レインコートで最も興味深いのはフードだと思います(この縫製方法がインターネットで見つかるまで)。この方法は、ケープを縫製した後のトリミングのみに依存して、パターンなしでフードを縫うことができるという点で便利です。
ケープの詳細を切り取った後に残った「トリミングの三角形」から、フードを縫います。

まず、赤と赤、黒と黒を縫います(下の写真の1行目)。次に、ライン2に沿って赤と黒の部分を互いの間に置きます。ライン3に沿って少し切り取ります

フードをライン3に沿ってケープの首のサイズに合わせます。ライン3は、フードがケープに縫い付けられるラインです。この設計のおかげで、フードは完璧な形で得られます。背中と側面を囲みます。

サテンリボンネクタイを縫い、両面マントの準備ができました!

Pin
Send
Share
Send
Send