役に立つヒント

聞いて助けるために神に祈る方法

Pin
Send
Share
Send
Send


聖なる父親によると、祈りはすべての美徳の母です。これが全能者と通信する唯一の方法です。キリスト教の際立った特徴は、主イエス・キリストが生きた神であり、常に対処され、確かに聞く人であると認識されていることです。

神はイエス・キリストの化身を通して人々に現れました。そして、私たち自身のために彼を発見するのはキリストを通してです。そのような発見は祈りを通してのみ可能です。

重要!祈りは神との一致の利用可能な道具です。

通常の意味では、祈りは神秘的な陰謀の一種、または地上の生活に必要な何かを神に請う方法のいずれかと見なされることがよくあります。それも、他の理解も根本的に間違っています。教皇はしばしば、主に訴える際に、何も求めないで、ただ主の前に立ち、罪を悔い改めることが最善であると書いています。

悔い改めの祈りについて読む:

正統の祈りの目的は、全能者との霊的なつながりを確立し、あなたの心に彼を感じることです。 主は私たちの必要と要求をすべて知っており、私たちの要求がなくてもそれらを満たすことができます。もちろん、必要な世俗的なものを神に求めることは禁じられていませんが、そのような態度に集中してそれを目標にすることはできません。

多くの原始クリスチャンは、主が私たちが必要とするすべてを知っているなら、なぜ祈るのかと疑問に思うことがよくあります。これは真実であり、多くの聖人たちが神に訴えかけているのは、地上で何も求めていませんでした。望むものを得るために、全能者への訴えは必要ありません。主な目標は、あなたの人生のあらゆる瞬間に神と一致することです。

祈りの赦し

他の人の前であなたの罪を祈るには、教会の礼拝に出席しなければなりません。これは、全能者から主なものを受け取るために行われます-罪の赦しと告白による恵みのofしみです。

主は邪悪な思いがなくても揺るぎない信仰を示す人たちに罪を許します。

毎日、この忙しい世界に住んでいる人は、さまざまな理由と状況のために多くの罪を犯します。これは主に意志力が弱いためです。善と悪の闘争は、人々の心の中で止まることはありません。

優雅な神

彼が祈りを聞くためには、人から発せられる邪悪な思いが心から来ていると述べている仮定に頼らなければなりません。罪深い思考は潜在意識の奥深くで生成され、その後悪い行動に流れ込みます。

神に祈る前に、祈りの主なものは結果であり、それが待望の罪からの解放であることを理解することが重要です。人は自分が悪い行いをしたことを認識しなければなりません。それから彼は彼の罪悪感を認め、もはや行為を繰り返さない。

神の慈悲への信仰は、人が彼がしたすべてのことを嘆き、悔い改めるならば、赦しを伴います。

悪い行いに対する許しの要求の誠実さを示すには、困っている人に施しをする必要があります。このように、病気や貧困に苦しむ人々への思いやりと慈悲が現れます。

別の方法は祈りです。これは魂を罪から解放するのに役立ちます。それは心から来なければなりません。誠実な悔い改めで祈れば、神は赦してくださいます。

祈りの保存力

罪人は悔い改める前に、敵と和解する必要があります。この難しい問題では、「セブンショット」と呼ばれる聖母のアイコンが大いに役立ちます。

3人の一般的な祈りが悔い改めに役立ちます。

  • 悔い改めと赦し。
  • in辱の赦し。
  • 赦しのために神に祈ります。

天国を見て神に祈ることができます。それが彼の言葉の純粋さと誠実さのための祈りを喜ばせるものであるなら。主は十字架につけられ、すべての人々の赦しの行為を行いました。

祈り始める方法

教会の道を歩み始めたばかりの人は、神に祈る方法の問題に興味を持っています。多くの人々は、これを本で書くのか、自分の言葉で行うのが良いのかと尋ねます。

現代の神学者は、祈り始めたばかりの人は自分の言葉でそれをするべきだという意見を持っています。確かに、彼にとって、祈りの本に見られる標準的な文章やフレーズはほとんど理解できません。

祈りは非標準的で誠実でなければなりません。彼らが書かれたものを魂のないように読み始めるとすぐに、内容ではなく形の感覚がすぐに生じるかもしれませんが、誰もそれを必要としません。

祈りは人を傷つけることさえあるということを知ることは重要です。これは、初心者だけでなく最大の危険の1つです。人生の大部分を神殿で過ごす人々は、祈りを教会の本で与えられている一種の標準的な形として再現し始めることがあります。その結果、神への誠実なアピールはないので、彼らは一連の言葉を得ます-合理的、意識的、注意深い。

有用な祈り

もっと頻繁に祈る必要があるとよく聞きます。しかし、祈りの本(他の人に神を求める人)が天国に昇ったという非常に単純なことを忘れないでください。彼らは死に、地獄の底に沈みました。

聖なる父親の教えによる正しい祈りは何ですか?これは、聖イグナティウス・ブライアンチノノフの作品に見事に示されています。自分を正統派の信者と見なす人は、神に関連した本を持っていなければなりません。これは、より頻繁に彼らに目を向け、良心の非難を受けるために必要であり、少なくとも時々これらのページを開いて読むことができます。

Brianchaninovの教えを研究し、一度に100ページではなく、2、3ページ読むようにしてください。そのようなエクササイズは、心、心、魂を啓発します。

注意して読む

Ignatius Brianchaninovは、礼拝は敬意を持って行われたときにのみ正しいと見なされることを教えてくれます。他の人のことを考えて神に目を向けると、これは私たちの主へのin辱です。祈りはおしゃべりする必要はありません。読書には注意と悔い改めが必要です。これらの3つのコンポーネントがない場合、メリットはなく、害があります。彼らはそのような人とさえ話しません

神は言葉を聞くだけではありません。彼は彼に頼る人々の考えを理解しています。彼から何かを隠そうとする必要はありません。特定の演劇(悲鳴、すすり泣き)を手配することはできません。神は静かで誠実な祈りを聞かれます。

彼らが感じなかった悔い改めと謙虚さを描写しようとした人々は、誇りと虚栄心に陥りました。

グリンスキー砂漠のセラフィムに起こった驚くべき事件が知られています。一度おなじみの僧himが彼のところに来て言った:「父、私は絶え間ない祈りをしている」これに対して、セラフィム神父は答えました。「あなたには祈りがないことを覚えておくべきです。他の人が宣誓に慣れるように、特定の言葉に慣れているだけです。」

神の前で十分な注意

多くの人々は、神に祈る方法について論理的な疑問を持っています。誰が祈りを読む前に、誰も見えない場合は?ここで、私たちが誰に話しかけているのか、神またはある種の魂のない力を決める必要があります。その前に、私たちが理解できない言葉を読み上げなければなりません。 2番目の場合、祈りはありません。人は単にこれを習慣から外すだけです。

したがって、いくつかの自白者は、より少ない祈りを読む方が、注意を払う方が良いと言います。長時間集中することが難しい場合は、15分などの間隔を自分で決定する必要があります。時計に気を取られないように、目覚まし時計を設定し、敬意を持って敬iousな仕事をすることができます。この時間に一人の祈りしか読めなかったとしても、これは怖くありません。主なことは、彼が神に頼ったことです。

簡単な注意

経験豊富な人は、あなたはどんな立場でも、どんな場所でも祈ることができると言います。これは、私が神のことを考えるとすぐに必ずしなければなりません。結局のところ、私たちが短いイエスの祈りを言うのを止めることはできません。「主よ、慈悲を持ってください」。私たちの中には、これらの言葉を多くの意味を与えずに、1日に何度も言う人もいます。

私たちは多くの祈りをし、神が私たちの必要と病気に助けてくれるようお願いします。しかし、神に目を向けるとき、あなたの信仰を示し、「主よ、あなたは知恵と愛です。あなたは私を他の誰にも愛していない。あなたは私が欲しいものを知っています。私のものではなく、あなたがされるでしょう。」

祈りの危険

主は、人が彼に関係する注意と敬意を見て、必ず彼に助けと霊的な支援を与えるでしょう。

一部の人々は何十年も生きますが、神から何も受け取りません。あなたは絶えず神殿に行って祈りを読むことができますが、上記の条件を忘れて、神の慈悲と賜物を奪います。これは非常に重要です。上記の条件は非常に必要であるため、受け入れる必要があります。

また、間違った祈りから多くの人が夢中になり、誇りに陥るという事実にも注意する必要があります。

自宅で神に祈る方法

主に向ける方法について、シリアのイサクは次のように書いています。「神を怒らせないように、あなたの請願で無謀になってはいけません。王の王に価値のないものを求めてください。これは彼に屈辱を与えます。腐りやすい地上の物に対するのどが渇いて、天国の王に対するinりを引き起こします。

多くの人は、神が聞いて許すように家で祈る方法にも興味を持っています。人々は祈りを通してこれを行う必要があるかと尋ねます。教会の一部の牧師は、これはそれほど重要ではないと信じています。

あなたの家での祈りは学校での宿題と見なすことができます。そのときだけ、彼は良い裁判官になります。

自分の言葉で祈ることができます。サロフのセラフィムと一緒にルールに従うことを勧める人もいます。セラフィムは、朝と夕方に「私たちの父」(3回)、「あられメアリー」(3回)、「信仰の象徴」(1回)の祈りを読みます。

これは、自宅で神に適切に祈る方法についての質問に対する答えの一部です。

カノンと創造性

その朝と夕方の祈りのルールは、私たちが中世から来たということです。当時、修道僧によって作曲されていました。さまざまなコレクションからの神への訴えのテキストが含まれていました。僧ksたちは、真夜中に祈りに目覚めていました。彼女は真夜中のオフィスと呼ばれていました。今は朝です。

朝と夜の祈りの提案された正教会のコレクションは非常に成功していますが、それは推奨されるだけであり、必須ではないことを理解する必要があります。同じ文を繰り返すことは、毎日毎日、このようにすると、退屈する可能性があります。そうすれば、人は心から神に訴えるのをやめるでしょう。これを防ぐために、ルールをわずかに希釈することができます。

家で神に祈る方法についての質問に答えて、私は多くの尊敬する父親がこの行動について創造的であると申し出たことを付け加えたいと思います。祈りは教会の規則を校正するだけではありません。これは神との会話です。私たちはその態度にあるべきです。それからだれも言いません:「彼が私を助けるように神に祈るが、彼は私を聞かない」。

心の温かさ

祈りを読む前に、しばらく立ち上がって沈黙する必要があります。無関係な考えや感情がすべて落ち着いたら、あなたは神に直面して自己紹介し、自分自身を越えて、「父と子と聖霊の名において」という言葉から始める必要があります。アーメン。」

その後、最初の祈りを言います:「主よ、あなたに栄光を」、「天国の王」。誰もが心からそれらを知っているわけではないので、あなたは本を使うことができます。

神が祈りを聞くように祈るには?夕方または朝のルールから小さな断片を読むことができます。同時に、すべての単語を熟考するようにしてください。

私たちの心が少しでも温まったら、立ち止まって自分の言葉で祈り、喜び、泣き、主に感謝したいと思うでしょう。祈りのルールは読まれるのではなく、祈りの温かさで心を温めることです。

この目的のために、教会の典礼遺産の作品を含むコレクションが作成されました。それらには、ジョン・クリソストム、バジル大王、マカリウス大王の祈りが含まれます。

主と話をし、自分の言葉で話し、顔に栄光を与えられた聖人の規範やアカティストを読んでください-祝福されたキセニア、スピリドンのトリフォン、クロンシュタットのジョン、ロシアのジョンなど。

地上に人間がいる間に、人間の性格を変えることができる神から恵みを受けるために祈りが必要になりました。彼は精神的に豊かで、強く、しつこく、勇気があります。彼は彼の周りの人々に親切になり始め、他の人が罪深い行為をすることを許さず、善と悪の起源の性質について話し、合理的なことをする方法を示します。

正確にいつ祈ることができますか?

聖書には使徒パウロの言葉が含まれています。使徒パウロは私たちに絶え間ない祈りを求めています。神学者ジョンは、息を吸うよりも頻繁にキリストに目を向ける必要があると主張しています。したがって、理想は、すべての人間の生活が主の前に絶え間ない外観に変わるときです。

多くの問題は、人が全知の主を忘れたという事実に起因していると言っても過言ではありません。罪のために十字架につけられたイエスの考えで犯罪を犯している犯罪者を想像することは困難です。

重要!人間は、神の記憶を失うと、まさに罪の影響下に置かれます。

現代の人々は一日中祈りをする機会がないので、そのための特定の時間を見つける必要があります。ですから、朝目が覚めると、忙しい人でもアイコンの前に立って、新しい日の祝福を主に求めるために数分見つけることができます。日中、あなたは神の母、主、あなたの守護天使に静かな祈りを繰り返すことができます。他の人にはまったく見えない、自分でこれを行うことができます。

特別な時間は就寝前です。そのとき、私たちが生きた日を見て、それがどのように霊的に実行され、罪を犯したかについて結論を出す必要があります。就寝前の祈りは落ち着き、前日のh騒を取り除き、静かで穏やかな眠りを作ります。日中のすべての善行と、彼が私たちによって生きられたという事実に感謝することを忘れてはなりません。

初心者には、このような仕事に多くの時間が必要であるように思えるかもしれませんが、今では誰もが不足しています。実際、私たちの生活のペースがどれほど速いとしても、神を思い起こさせるために常に休止があります。乗り物、路線、渋滞などを待つことは、天国に心を向けるときの迷惑な要素から変えることができます。

神が聞くべき祈りの言葉は何でしょうか?

人々が神に頼りたくない一般的な理由は、祈りを知らないか、複雑な教会の教義を理解していないことです。実際、主が私たちの声を聞くためには、言葉はまったく必要ありません。教会の礼拝の実践では、教会スラヴ語が使用され、礼拝の儀式は厳密に定義されています。ただし、自宅では、個人的な祈りの中で、まったく異なるテキストを使用できます。

単語自体には決定的な意味はありません;これらは魔法の陰謀や呪文ではありません。神が聞く祈りの基本は、神に向けられた人間の純粋で開かれた心です。したがって、個人的な祈りはそのような兆候によって特徴付けられます:

祈りの最中は、脇に注意を散らすのではなく、話し言葉に集中することが非常に重要です。これは簡単なことではないので、クリスチャン生活の初めに、外から気を散らされることなく、最大限の注意を払って読むことができるいくつかの短い祈りを選ぶことができます。時間が経つにつれて、スキルを習得することで、ルールを絶えず拡大および拡大できます。

おもしろい!福音書には、「神様、罪人である私にmercれんでください」という祈りが極めて短かった、魂を救った徴税人のイメージが見られます。

もちろん、自分自身を正統派クリスチャンだと考える人は誰でも心から知っておくべき基本的な祈りのリストがあります。これは、少なくとも「私たちの父」、「信じる」、「テオトコス、聖母、喜ぶ...」、イエスの祈りです。 これらのテキストを記念品として知っていれば、どんな状況でも天国の軍隊を呼ぶことができます。

11.近くの祈り

私たちは自分自身のためだけでなく、隣人のためにも祈らなければなりません。毎朝、毎晩、そして教会にいる間、私たちは親relative、親relative、友人、敵を覚えなければなりません。これは非常に重要です。なぜなら、人々は切っても切れない絆で結ばれており、多くの場合、ある人が別の人のために祈ることで、別の人が大きな危険から救われるからです。

神学者聖グレゴリーの生涯にはそのような事件がありました。彼がまだ洗礼を受けていない若い頃、彼は船で地中海を渡りました。突然、激しい嵐が始まり、それが何日も続き、誰も救いの希望を持っていなかったため、船はほとんど浸水しました。グレゴリーは神に祈り、祈りの最中に海岸にいた母親を見ましたが、後に判明したように、彼女は危険を感じ、息子のために激しく祈りました。船は、すべての期待に反して、安全に岸に到着しました。グレゴリーは、彼の救出が母親の祈りによるものであることを常に思い出していました。

誰かが言うかもしれません:「さて、古代の聖人の生活からの別の物語。今日なぜこれが起こらないのですか?」私は、愛する人の祈りを通して、死や大きな危険から救われた多くの人々を知っています。 И в моей жизни было немало случаев, когда я избежал опасности по молитвам матери или других людей, например, моих прихожан.

Однажды я попал в автомобильную катастрофу и, можно сказать, чудом остался в живых, потому что машина свалилась в обрыв, несколько раз перевернувшись. От машины ничего не осталось, но мы с водителем были целы и невредимы. Произошло это ранним утром, около пяти часов. 私が奉仕した同じ日の夕方に教会に戻った時、朝の4時半に目が覚め、危険を感じ、私のために祈り始めた数人の教区民がいました。彼らの最初の質問は「父、あなたに何が起こったのか?」でした。彼らの祈りを通して、私と運転している人の両方がトラブルから救われたと思います。

私たちは隣人のために祈らなければなりません。神が彼らを救う方法を知らないからではなく、神が私たちがお互いの救いに参加することを望んでいるからです。もちろん、彼自身は、すべての人が必要としているもの、つまり私たちと隣人の両方を知っています。隣人のために祈るとき、これは神よりも慈悲深くなりたいという意味ではありません。しかし、これは彼らの救いに参加したいということを意味します。そして、人生で私たちを結びつけた人々と彼らが私たちのために祈っていることを祈りの中で忘れてはなりません。夕方寝る私たちはそれぞれ、神にこう言うことができます。

なぜ祈りのルールが必要なのですか

最も高い者が言葉を必要としない場合、質問が発生します。なぜ、祈りの規則と準備されたテキストが一般に出てきたのですか、さらに、しばしば長くて複雑なのですか?教皇は、これは私たちの悔い改めと心の硬直に対する支払いだと言います。

人が心の底から最短の祈り「主がmercれみを捧げる」を口にすれば、彼はすでに救われているでしょう。しかし、実際には、私たちは心から祈ることはできません。そして、人は本当に恒常性と特別な祈りのスケジュールを必要とします。

祈りのルールは、人が定期的に読むテキストのリストです。ほとんどの場合、ルールは祈りの本から取られますが、個人ごとに個別のリストを選択することもできます。霊的な父親、または少なくとも有益なアドバイスを与えることができる司祭とリストを調整することをお勧めします。

いくつかの祈りのルールについて:

祈りのルールを守ることは、人が自分自身を整理し、より明確に人生を構築し、計画するのに役立ちます。規則は必ずしも簡単ではありません。日常生活のbus騒は、しばしば怠laz、疲労、そして祈りを嫌がります。この場合、あなたは自分自身を圧倒しようとする必要があります。

重要!福音書には、神の国が力によって奪われているという言葉があります。私たちは肉体的な力についてではなく、私たち自身の生活と古い習慣を変える努力について話しているのです。

霊的な能力を考慮して、賢明にルールを選択する必要があります。新しいクリスチャンがあまりにも長いルールを読むことへの服従を与えられた場合、これはすぐに疲労、退屈、不注意につながります。人は、テキストを機械的に読み始めるか、そのような職業を完全に放棄します。

一方、長い洗礼を受けた人が小さすぎて短い規則を自分に課すことは無駄ではありません。これは精神生活のリラックスにつながるからです。あなたの規則が何であれ、神が聞く祈りの主な条件は、祈る人の心の誠実な取り決めであることを決して忘れてはなりません。

家庭と教会の祈りの違いは何ですか

正統派のクリスチャンは絶えず祈るように召されており、ほとんどどこでもこれを行うことができるので、多くの人々はなぜ教会で祈るべきか疑問を持っています。教会の祈りと個人的な祈りには一定の違いがあります。

教会は私たちの主イエス・キリスト自身によって設立されました。そのため、正統派のキリスト教徒は、主を賛美するために地域社会に集まりました。教会の大聖堂の祈りは非常に強力であり、教会で奉仕した後の親切な助けについての信者の証言がたくさんあります。

教会のコミュニケーションは、神聖な奉仕への義務的な参加を前提としています。 神が聞くことを祈る方法は?そのためには、神殿に来て礼拝の本質を理解する必要があります。最初は複雑に見えるかもしれませんが、時間が経つにつれてすべてが明らかになります。さらに、教会で起こるすべてのことを説明する、初心者のクリスチャンを助けるために特別な本が出版されています。アイコンショップで購入できます。

合意による祈り-それは何ですか?

正教会の実践における通常の個人的な祈りと教会の祈りに加えて、同意による祈りの概念があります。その本質は、同時に、異なる人々が神や聖人への同じ訴えを読むという事実にあります。同時に、人々は世界のまったく異なる場所にいることができます-集まる必要はまったくありません。

ほとんどの場合、これは非常に困難または困難な生活状況にある人を助けるために行われます。たとえば、ある人の深刻な病気では、彼の親relativeが団結し、共に苦しんでいる人に癒しを与えるように主に求めることができます。主が言われたように、「2、3人が私の名前で集まった所に、私は彼らの中にいる」からです。

一方、全能者へのそのような訴えを一種の儀式または欲望を満たす方法とみなすことは不可能です。すでに述べたように、主は私たちのすべての必要を完全に知っておられます。私たちが何かを求めた場合、私たちは主の聖心の希望をもってそれをしなければなりません。時には、祈りが期待された成果をもたらさないという単純な理由が1つあります。人は、自分の魂にとって非常に不利な何かを求めます。この場合、神は要求に応じていないように見えるかもしれません。実際、これはそうではありません-神は確かに私たちに利益をもたらすものを送ってくださいます。

Pin
Send
Share
Send
Send