役に立つヒント

自宅で鼻づまりを解消するには?

Pin
Send
Share
Send
Send


私たちは、フォーラムやビデオで、母親、祖母、一言で言えばあらゆる年齢の女性が残した便利なベビーベッドの情報を探し続けています。そして今日、私たちは共通の問題について話します: 鼻づまり、そして どうやって 彼女からできること 自宅で取り除くx強い薬物を使用することが不可能な状況については、妊娠中および小児期について説明します。

「ライブヘルシー」というテレビ番組の1つで、耳鼻咽喉科医は、深刻な混雑を緩和し、 滴なし:

  1. まず、鼻を徹底的に吹き、鼻から粘液をできるだけ取り除きます。鼓膜を傷つけないように、口を開けて適切にbarえる必要があります。彼らは最初に交互に1つ、次に2番目の鼻孔をきれいにします。
  2. 生理食塩水洗浄。塩化ナトリウム溶液を調製し、ボトルに注ぎます。 Rinolifeなどの薬局で購入した特別なボトルの方が良いでしょう。このようなデバイスのコストは約100ルーブルですが、何度も使用できます。通常のボトルをすすぐ場合、溶液が中耳に落ちるリスクがあります。生理食塩水で鼻をすすぐことの効果は、専門家と患者の両方によって証明されています。溶液は等張なので、粘液は非常によく排出されます。について 塩で鼻をすすぐ方法、以下で説明します。
  3. 空気を加湿します。このために、特別なデバイス-加湿器が作成されます。安くはありません。そして、そのようなデバイスがなければ、浴室のドアを開けて温水を入れるだけで十分です。別のオプション:タオルを濡らし、暖かいバッテリーをつけます。湿った粘膜は、鼻の自由を保証します。
  4. 保湿剤や等張液はありません-副鼻腔をマッサージできます。このようなマッサージは、粘膜の腫れを大幅に減らします。顔の3つの領域(副鼻腔)をマッサージする必要があります。

鼻づまりで鼻をすすぐ方法:

  • 暖かい水に溶けるドルフィンパウダー。
  • 生理食塩水(塩化ナトリウム)。
  • 生理食塩水:1カップの温かいお湯で、小さじ1を溶かす。海または食卓塩。よくかき混ぜ、塩が最後まで溶けてしまったら、こします子供の場合、塩分濃度は低くなります:コップ1杯の水に小さじ1杯の塩。
  • 生理食塩水に1〜2滴のヨウ素を加えると、抗炎症効果が高まります。
  • ソーダ液:ヨウ素5滴と小さじ4杯を温かいお湯1カップに溶かします。ソーダ。
  • 塩+ソーダ:小さじ½塩と小さじ1/2温かいお湯1カップにソーダを溶かします。

自宅で生理食塩水で鼻をすすぐ方法

シンクまたは洗面器、温かい生理食塩水、鼻を洗うためのボトル(「Rinolife」、「Dolphin」)または特別なティーポットが必要です。

必要:手順の前に鼻をかむ必要があり、洗浄プロセスを促進するために血管収縮薬の滴を点滴することをお勧めします。シンクの上に傾き、頭を少し横に傾けます。生理食塩水を1つの鼻孔に注ぎますが、2番目の鼻孔から出る必要があります。最初に、次に2番目の鼻道を交互に洗浄します。最後に-再び鼻をかむ。

効果:鼻腔から漏れると、溶液は細菌とともに粘液を浸出します。その結果、鼻の呼吸が楽になります。鼻をすすぐことにより、アレルギー反応のリスクが軽減されます。粘膜には病原体やアレルゲンがありません。これがなければ、鼻咽頭の慢性炎症を緩和することは不可能です。

自宅で生理食塩水で鼻を洗い流す ウイルス感染の予防として、そして 鼻づまりを和らげる.

鼻はどれくらい洗えますか?

1日に何回: 治療のために-1日3回。予防のため:週に2〜3回。

何日: 完全に回復するまですすいでください。原則として、鼻水と鼻づまりは純粋に個人的な問題です。あなたは2-3日または1週間で病気を取り除くことができます。よく知られていることわざ:鼻水を治療しないと、1週間で治療されます。

アロエは私たちの自然な医者です

前に、風邪による強い水滴の発明の前でさえ、私たちの母親はアロエジュースで鼻詰まりをなくしました。リュウゼツラン-アロエとも呼ばれている-窓のほとんどすべての家で成長しました。良い伝統。ディレクトリ「癒しの植物」では、アロエジュースを使った風邪に対するレシピを読んでいます:

  • 大人は各鼻孔に新鮮なアロエジュース5滴を1日3回6時間間隔で点滴注入します。点滴には、ピペットを使用すると便利です。頭を後ろに傾け、ピペットからジュースを滴下し、数秒間鼻翼をマッサージします。 3-7歳の子供には、1-2滴を注入します。 3歳未満の子供は、アロエジュースと液体蜂蜜を同じ割合で混ぜてください。混合物に綿棒を浸し、中の鼻孔をこする。蜂蜜にアレルギーがある場合は、通常の沸騰水で蜂蜜を希釈できます。
  • 慢性副鼻腔炎の場合:アロエジュース、クサノオウ、ハチミツを等割合で混ぜます。あなたは毎日3-5回、各鼻孔に5-10滴を埋める必要があります。点滴後、混合物を吐き出します。

妊娠中に鼻づまりを緩和する必要があり、民間療法が役に立たない場合、そのような女性はゲルドロップを処方されることがよくあります。彼らは安全と見なされます。

Pin
Send
Share
Send
Send