役に立つヒント

長い休憩の後にピアノを弾くスキルを回復する方法

Pin
Send
Share
Send
Send


ピアノのテクニックに関しては、ミュージシャンが作曲の芸術的およびサウンドデザインに使用する楽器を演奏する実用的な能力、スキル、および特別なテクニックの組み合わせを念頭に置いています。しかし、初心者のピアニストがすべてを正しく行い、熱心に取り組んでおり、有名な作品を演奏できるように見える場合でも、多くのファンから本物のマスターを区別する例外的なサウンドを実現することは困難です。どのくらいの頻度でノートの完璧な複製を目撃しましたが、ゲームの影響に屈しませんでしたか?一方、非常に若い才能があり、他の人の想像力を捕らえることができる作品の最初の和音です。問題は何ですか?

質問に答えるには、テクノロジーは実行の速度や純度など、ゲームの実用的なパラメーターのセットにすぎないことを学習する必要があります。テクノロジーには、正しいことをするための忍耐力と努力をパフォーマーが忘れるルールが1つあります。 音を出す前に考える 。ピアニストは音楽俳優です。彼は、サウンドパレットのすべての色合いを所有し、目に見える労力をかけることなく、メロディのターンを変えなければなりません。この軽さは、準備と実行中の作業を徹底的に考慮することによってのみ達成できます。

若いピアニストは、手の動きや形にほとんど注意を払っていません。一方、多くの学生はすべての作品を同じ方法で演奏します。指の動きと滑りは、音の質感とメロディのテンポに関係なく同じです。ゲームの開始時に標準の位置を採用したため、ブラシは最終的なコードを同じ位置に配置しました。専門家の動きは多様です。彼らの手は絵を作ります、彼らはキーに触れる時間がないようです。音楽とは-そのような動きです。構図が遅く、静かな場合-手の動きは柔らかく穏やかです。雄大なモチーフが聞こえる場合-手はエネルギッシュで、指先は鋭くなります。指と手のダイナミクスは単純な真実ですが、ピアノを演奏する他の多くのテクニックと同様に、教師や初心者のパフォーマーにとってはそれほど明白ではありません。

テクニックのテストの問題は、トレーニングの最初のペアで特別な注意を払う必要があります。これは、トレーニングの最初の年に生徒のピアニスティック装置の形成が完了するまでです。これを行うには、特別な教材-ピアノの練習、音階、学習-を使用する必要があります。音楽と技術的なタスクが有機的に絡み合っています。

しかし、エクササイズは、精神的または精神物理的プロセスほど機械的なアクションではありません。才能の技術面を開発するための追加のトレーニングと代替方法は、音楽学校のレベルを超えて本当のピアニストになるのに役立ちます。

すべてを覚えておいてください!または30年の休憩の後にピアノを弾く..

すべてを覚えておいてください!または30年の休憩の後にピアノを弾いて......

フォーラムユーザーの皆様!
だから、私は新年の初めに自己開発と改善を決断しました。幸いなことに、今、私はドイツでこれについてすべての可能性を持っています。

30年以上前、私は音楽学校を卒業しました。それ以来、私はピアノを弾いていません。ここで、ドイツではついに時間が現れ、楽器がそこにありましたが、それはすべて、特に「低音オクターブ」を忘れ、音符で和音を演奏することさえできませんでした...

私は自分のために演奏を始めたいだけで、夫は音楽を演奏するように頼みます。

ここで、フォーラムでは、この分野の多くの専門家がいます。どこから始めるかアドバイスします。

そして、2番目の質問は、it慢とは考えないでください-オルガンを演奏するのは難しいですか?私の夢は、オルガンで少なくとも1曲を演奏することです。ところで、ここのどの村にも教会があります。
ありがとう

管理者:ゲームのテクニックを復元することから始めることをお勧めします-最初に主要なスケールで、正確な運指と正しい手の設定に合わせてプレイします。

Cメジャーの右手では、すべての音が忘れられず、おなじみです。左(ベースキー)には、オクターブ下の同期があります。音のある場所を復元するには、各低音の下の音名を慎重に書きます。

ただし、最初にCメジャーの最初のオクターブ(C、D、E、F、S、A、C-右手)のすべての音符に署名し、次に左手部分の小さなオクターブ(C、D、E、 fa、salt、la、si)。

同じことは他のメジャースケールにもあります(メモの名前に加えてリマインダーキー記号-シャープとフラット-シャープとフラットをそれぞれ配置することを忘れないでください。ノートラベルにはキー記号が付いています)。そのため、小文字の音符の正しいスペルを復元します(大文字で-それ自体も)。

次に、高音と低音のキーの譜表にCメジャー、Gメジャーなどで音階を書く作業を行います...そして、低音のコードを整理するときは、スケールシートでノートを確認し、コードまたはアルペジオのノートの名前に鉛筆で署名します徐々に、記憶が知識を回復し、再びメモを読むことができるようになります。

まず、メジャースケールの表(Cメジャー、Gメジャー、Dメジャー):

ガンマテーブル:http://vasilisa.com.ua/tablitsa-gamm-akkordov-i-arpedzhio/

忍耐と労力がすべてを粉砕します!

オルガンの演奏に関しては、電子ピアノを使用することをお勧めします(約1.5万ドルの費用がかかります)、そこには、さまざまな楽器の音の他に、機能とオルガンの音があります-あなたはそれを実際のオルガンと区別することはできません。ピアニストは実際のオルガンで演奏できますが、技術的な微妙さがありますので、さらに学ぶ必要があります。

ピアノを弾くテクニックを開発するには?

まず、キーボードの演奏テクニックの種類を教えてください。音楽学者は2つの主なタイプ-小(指)と大(手根)を区別します。小さなテクニックでは、小さなパッセージを演奏し、5音までの位置の変化をカバーしません。これらには、音階、ガンマのようなパッセージ、二重音符、メリマス、トリル、指のリハーサルが含まれます。大規模なトレモロ、和音、オクターブ、ジャンプの所有が含まれています。これには、突然の、互いに分離された飛行音に基づくスタッカート手法も含まれます。初心者を始めるには?あなたが本物のミュージシャンになり、真面目な作品を演奏することを学びたいなら、あなたは両方の種類に取り組む必要がある。

優れたテクニックをすばやく開発する方法は?

短期間に具体的な結果を達成したい場合は、教室や自宅で、経験豊富なピアノ教師に相談することをお勧めします。教師が正しい動きを明確に実演し、正しい指の設定を教えてくれるので、プロの指導の下で、音楽と技術の基本を早く学びます。彼はあなたが間違ったトリックを直さないようにします。

あなたが望むものを達成するために、必要なスキルを日々、誠実に開発することに取り組んでください。ピアノに座る前に、活動のために準備をし、小さな勝利を収める準備をしてください。焦点-ゲームに関与するのは手だけではなく、ピアニストにとって非常に重要な「難聴」の頭である脳も関与します。

表現力豊かで自信を持って音楽を演奏する能力を開発するために、交互に手を変えながらエクササイズをすることで大きな効果が得られます。したがって、最初は音楽のパッセージが右手で演奏され、その過程で速度が徐々に最大になります。パフォーマンスの品質が低下しないことを確認してください。パッセージは、筋肉が弱くなり速度が低下するまで速いペースで演奏されます。やめて今、左手のテクニックがうまくいっています-疲れるまで同じパッセージを実行します。左手の激しい動きのおかげで、右手はより速く休み、1〜2分でもう一度トレーニングできます。各音楽エクササイズに対して3つのアプローチを行います。この方法により、短時間で指のテクニックを改善し、ゲームの流さを高めることができます。

ピアノを弾くテクニックを改善するには?

プライベートミュージックコースの教師からのヒント:

  1. タッチ技術はその状態に依存するため、指を強化します。これは、初心者が最初に平らな面で実行する必要があるエクササイズです。テーブルに肘を置き、腕を前に伸ばします。各指をできるだけ高く上げて、テーブル上で力強く叩きます。打撃の強さが同じであることを確認してください。指の指骨だけを緊張させる必要があり、手自体はリラックスしたままです。
  2. スタッカートパッセージを演奏します。つまり、各音ははっきりと大きく聞こえます。ブラシを酷使しないでください-再び指のストロークに重点が置かれています。ゆっくりと音符を取り、それぞれの音で「輝く」時間を確保します。その後、徐々にペースを上げてみてください。
  3. キーボードとの接触を回復する方法を学びます-ゲームの最初の段階では、手首をキーのレベルの下に置き、ブラシの強さの影響下で音が作成されるようにします。このテクニックは、ピアニストが必要とするサポート感を生み出します。

指の身体能力の発達

楽器のキーに沿った指の動きの速度は、筋肉の適応と脳の反応の速度に依存します。細かい運動能力が十分に発達している場合、キーへの適応はすぐに行われますが、靴ひもを締めてコンピューターのキーボードで入力するのに時間がかかる場合は、ピアノの演奏テクニックもすぐには送信されません。さらに、ここでは人の年齢が役割を果たします-生徒が若いほど、指のトレーニングへの反応が速くなります。

>注意してください-指を動かす速度だけでなく、キーストロークのリズムを守ることも重要です。ゲームのこのコンポーネントをトレーニングするには、キーストローク間で一時停止する必要がありますが、各キーを必要以上に強く打ちます-あなたの手はあなたの行動に慣れる必要があります。最初はゲームをゆっくりと大音量にしますが、練習を重ねるにつれて速度を上げ、押すのを柔らかくすることができます。あなたの目標は、スムーズで素早い滑走です。

手の解放

手を解放することを学びます。手にストレスをかけないでください。初期段階で自分自身を助けるために、飛行機を使用してください。ひじが表面に押し付けられるように、テーブルに手を置きます。指をできるだけ高く上げ、テーブルの上で軽く叩きます。 5〜7分間交互に両手でエクササイズを繰り返します。覚えておいてください:手はリラックスする必要があります。

交互に手をプレイします。片手で使用すると、可能な限り最大の負荷がかかり、筋肉が全力で動作します。指が同時に関与しないため、作業を中断することなく、セット間の休憩時間を短縮し、トレーニングが速くなります。さらに、手を均等に配置しない場合は、荷重を均等に分散することで、両手をより積極的に使用できるようになります。流Fluさの練習は、毎日10〜15分の長さのいくつかのセットで実行する必要があります。キーボードで細かい運動能力を鍛えます-これは、タブレットやコンピューターを良い目的で使用する絶好の機会です。

ガンマ演習

さまざまなキーで最もプライベートな音階を学び、演奏します。

記憶された体重計を絶えず繰り返し、それらを完璧にします。ある種の音楽スタイルが好きなら、選択した方向の特定の音階で練習してください。最も重要なことは、デバッグされた動きとキーボードの感覚です。

アイドルから学ぶ

インターネットを活用してください。最も有名なピアニストが演奏している動画を選択して、1日に数回視聴します。動きの方法、技術と機器の調和を達成する方法に従ってください。

ピアノを弾くテクニックで成功するかどうかは、あなたの勤勉さと音楽的精神にかかっています。指のなめらかさを伸ばすには、作品とのつながりを忘れずに、考えて、ゲームを想像してください。ツールを所有することは、スキルの実践だけでなく、自分で設定した構成の内容でもあります。頑張って

Pin
Send
Share
Send
Send